学生10.3人に教員1人、徹底したサポート

一般的な大学に比べて教員数が多く、各教員が質問や相談を受ける「オフィスアワー」、1クラス10〜20名程度の担任制などを導入。「大学教育開発センター」では教員研修や学生による授業アンケートなどに基づいた授業改善に取り組んでおり、化学、生物、物理を基礎から学べる科目も設けています。また、薬学部、歯学部、看護福祉学部、心理科学部には「教育支援室」を、リハビリテーション学部には「学習支援センター」を設置し、個別の学習相談や指導はもちろん、生活支援、高校での学習内容の復習、補正授業の開講などを展開。一人ひとりの学習をサポートしています。

<< OSCE、模擬患者演習・・・
一覧へ
免許取得率は高水準 >>