日本の心理職で初となる国家資格「公認心理師」試験に向けて。

2017年に公認心理師法が施行され、2018年9月に初めての国家試験が実施されます。本学は2018年度入学生から養成カリキュラムを開始。卒業後は心理学系大学院等を修了※するか、臨床現場で一定期間以上の実務経験で受験資格が得られます。※本学大学院も公認心理師の受験資格の取得に対応しています。


公認心理師 日本初の心理職の国家資格。保健・医療、福祉、教育をはじめとした多様な分野で心理的支援などを行います。※ 要大学院等進

認定心理士
(日本心理学会)
心理学の基礎知識と技能を修得したことを示す資格です。身につけた専門性は企業など多彩な領域で応用できます。
主な仕事内容

書店に並ぶ、心理を扱った書物の多さにも表れているように、仕事や家庭、恋愛などさまざまな日常の場面で心理学的視点への関心が高まっています。心理学の基礎的知識と技能を有していると認められ、心理相談、心理診断、心理治療等の業務を行う認定心理士の活躍の場も大きな広がりをもちます。医療や福祉、教育の分野をはじめ、司法、産業、もちろん研究分野にも、学んだ専門性をさまざまなかたちで生かせます。

資格について

認定心理士は、大学で心理学の基礎知識と技能を修得したことを(公社)日本心理学会が認定する資格で、 卒業後の申請により得られます。認定には、心理学概論、心理学研究法、心理学実験・実習3領域の基礎科目12単位以上と、 知覚・学習、教育・発達、生理・比較、臨床・人格、社会・産業の心理学5領域から計36単位の選択科目履修が必要。