日本の心理職で初となる国家資格「公認心理師」試験に向けて。

2017年に公認心理師法が施行され、2018年9月に初めての国家試験が実施されました。本学は2018年度入学生から養成カリキュラムを開始。卒業後は心理学系大学院等を修了※するか、臨床現場で一定期間以上の実務経験で受験資格が得られます。※本学大学院も公認心理師の受験資格の取得に対応しています。

「公認心理師」とは、どんな資格?

2017年9月に施行されたばかりの新しい国家資格で、以下のような特徴があります。

  1. 心理専門職の職域に関連した唯一の国家資格
  2. 受験資格を得るためには、大学では心理系学科の卒業が大前提
  3. 業務範囲は、既存の臨床心理士より拡大する見込み
  4. ※卒業後、大学院で必要な科目を修めるか、2年以上の実務経験を経て受験資格が得られます。

本学科の卒業生は、心の学びを活かし、上図にある多様な分野で活躍しています。なかでも注目したいのが「保健医療分野」です。精神医療への関心の高まりや超高齢社会の進展に伴い、保健医療分野における心理職の活躍が強く求められています。そのような中、このたび「公認心理師」という国家資格が誕生しました。同資格を取得して病院などで働く心理職に対しては、患者さん、他の医療スタッフ、そして社会からの期待もいっそう高まっていくことでしょう。
本学科では、医療系総合大学ならではの充実した保健医療分野の学びをさらに発展させ、公認心理師の資格取得に対応したカリキュラムを2018年度から導入しました。保健医療分野はもちろんのこと、他4領域でも臨床現場で必要とされる確かな実践能力を備えた人材を育成します。

その他の資格

認定心理士

心理学の基礎知識と技能を修得したことを示す資格です。身につけた専門性は企業など多彩な領域で応用できます。
その他任用資格 社会福祉主事 児童福祉司 児童指導員 等
※任用資格とは、公務員として採用された後で、特定の業務に認容されるときに必要となる資格です。認容されて初めてその資格を名乗ることができます。