『次世代育成支援対策推進法』に基づく北海道医療大学一般事業主行動計画

北海道医療大学では、教職員が仕事と子育てを両立させることができ、働きやすい環境をつくることによって、全ての教職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次世代育成支援対策推進法に基づき、次のように一般事業主行動計画を策定し、取組を進めてまいります。

1.計画期間等
(1)計画期間
  平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間とする。
(2)計画の見直し
  行動計画は、期間中における人事制度の改正等に応じて弾力的に変更できるものとする。

2.内容
(1)「妊娠中の労働者及び子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立等を支援するための雇用環境の整備」に関する
   事項
 <目標>育児休暇を取得しやすい環境作りに努め、職員の積極的な活用を推進する。
 <対策>平成27年度〜:妊娠中や出産後の女性職員に対する支援制度の周知と強化
                 男性職員の育児休暇取得を推進するための措置の実施

(2)「働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備」に関する事項
 <目標1>時間外勤務の縮減により、職員の仕事と生活の調和を図る。
 <対策1>平成27年度〜:ノー残業デーの実施

 <目標2>年次有給休暇の取得促進により、職員の仕事と生活の調和を図る。
 <対策2>平成27年度〜:管理職者を中心とした啓発活動

以 上
このページに関するお問い合わせ: 経営企画部人事課
〒061-0293 北海道石狩郡当別町金沢1757 TEL:(0133)23-1211
当サイトの内容を管理者の許可なく無断でリンク、使用・転載することを禁じます。
Copyright 2006 Health Sciences University of Hokkaido.All Rights Reserved.