2017年度国際交流の状況

受入
  大学名 目的 日程 備考
提携校 台北医学大学
(台湾)
短期研修 17.8.1
-8.28
学生1名(薬学部)
17.7.3
-7.14
学生3名(歯学部)
17.7.4
-7.15
学生5名(看護福祉学部)
ストラスブール
大学(フランス)
短期研修 17.7.3
-9.15
学生2名(歯学部)
マヒドン大学
(タイ)
短期研修 18.3.19
-3.30
学生3名(歯学部)
学外研究員 17.8.27
-9.10
Sroisiri Thaweboon
Boonnyanit Thaweboon
中山大学(中国) 短期研修 17.7.11
-8.4
学生4名(歯学部)
イエテボリ大学
(スウェーデン)
交流事業
(交流協議・大学院セミナー講演)
17.10.10
-10.12
Nina Sabel歯科医師、
Kristin Derenchy、Anja Ehn
(インターナショナルコーディネーター)
国立ルブリン医科
大学(ポーランド)
交流事業
(交流協議・
学部間協定締結)
17.7.24 Barbara Tymczyna歯学部長
Izabela Witknowskaコーディネーター
モンゴル国立医科
大学(モンゴル)
交流事業
(交流協議・講演)
17.9.26 Ariuntuul Garidkhuu歯学部長
極東国立総合医科
大学(ロシア)
交流事業
(研修・講演)
17.4.10
-4.14
Natalia Strelnikova 微生物学部 准教授
Elena Starovoitova 歯科医師
交流事業
(シンポジウム)
17.7.10 Marina Fleishman中央科学研究所長
Elena Sazonova 生理学・病理学科長
Aleksandr Iurkevich 歯学部長
Valerii Zavgorudko リハビリテーション科学部長
Natalia Solomenko 外国語学部長
短期研修 17.7.10
-7.21
学生1名(歯学部)
派遣
  大学名 目的 日程 備考
提携校 台北医学大学
(台湾)
短期研修 18.3.5
-3.16
学生12名(薬学部3名、歯学部4名、
看護福祉学部5名)
教員2名(町田拓自薬学部准教授:3.5-3.6、
奥田かおり看護福祉学部講師:3.5-3.7)
アルバータ大学
(カナダ)
語学研修・
研修引率
17.8.5
-8.25
学生12名(薬学部1名、看護福祉学部8名、
リハビリテーション科学部1名、
衛生士専門学校2名)
教員2名(ハワード・ターノフ教授:8.5-8.16
大内みふか助教:8.13-8.25)
交流事業
(交流協議・
協定更新)
17.8.10 安彦善裕国際交流推進センター長/
歯学部教授・戸根谷幸恵国際交流課職員
ストラスブール
大学(フランス)
短期研修 18.3.12
-3.20
学生4名(歯学部)
教員1名(倉重圭史講師:3.12-14)
インドネシア大学
(インドネシア)
交流事業 18.2 斎藤隆史歯学部長
ハサン・エムディー・リアサト 歯学部特任助教
同済大学(中国) 短期研修 17.8.6
-8.11
学生1名(歯学部)
イエテボリ大学
(スウェーデン)
短期研修 18.3.12
-3.23
学生3名(歯学部)
教員1名(古市保志教授:3.12-3.14)
国立ルブリン医科
大学(ポーランド)
短期研修 18.3.14
-3.23
学生1名(歯学部)
教員1名(遠藤一彦教授:3.14-3.15)
ニューヨーク州立
大学バッファロー校(アメリカ)
交流事業
(学部間協定締結)
17.12.20 斎藤隆史歯学部長・
中澤太歯学部教授
極東国立総合医科
大学(ロシア)
交流事業
(セミナー開催・
交流協議)
17.4.18
-4.23
泉唯史リハビリテーション科学部長
鈴木由美リハビリテーション科学部准教授
佐藤圭史歯学部講師
ユング-シュテリング病院(ドイツ) 短期研修 18.3.12
-3.16
学生5名(歯学部4名・心理科学部1名)
教員1名(永易裕樹教授:3.12-3.16)
  ロシア関連事業 交流事業
(セミナー開催・
交流協議)
17.5.14
-5.16
本家寿洋リハビリテーション科学部教授、
朝日まどかリハビリテーション科学部講師、
佐藤圭史歯学部講師(がん腫瘍センター、
医療従事者職能向上研修機関)
交流事業
(セミナー開催)
16.6.4
-6.6
吉田晋リハビリテーション科学部教授、
澤村大輔リハビリテーション科学部講師、
佐藤圭史歯学部講師
(ハバロフスク地方第二病院)
交流事業
(交流協定締結)
17.11.20 浅香正博学長、佐藤圭史歯学部講師
(医療従事者職能向上研修機関)
交流事業
(講演)
17.11.20 浅香正博学長、佐藤圭史歯学部講師
(ロシア連邦大統領附属公共政策アカデミー)
2016年度実績はこちら