歯学部 歯学科
  1. HOME
  2. 歯学部・大学院歯学研究科
  3. 学部長メッセージ
斎藤 隆史

歯学部長
斎藤 隆史

東日本学園大学歯学部歯学科 卒業。 東日本学園大学大学院歯学研究科歯学専攻博士課程 修了。 94年本学就任。 03年歯学部教授。 13年同学部長就任。 歯学博士。

医療と福祉が一体となった
歯学教育を実践しています。

超高齢社会を迎え、歯科疾病構造の変化、全身疾患を有する歯科患者の増加など、歯科医療に対する社会的ニーズは大きく変化しています。したがってこれまでのう蝕、歯周病といった歯科疾患の予防や治療にとどまらず、高齢者の特性や全身疾患に関する基本的知識を有し、患者の状態を的確に把握したうえで、保健・医療・福祉・介護等の専門職とのチーム医療により効果的な治療を選択・実践できることなどがこれからの歯科医師に求められています。
 このような新時代の歯科医師を養成するために、本学歯学部では医療系総合大学の特徴を生かした多職種連携教育を推進しています。新カリキュラムでは、薬学部・看護福祉学部・心理科学部・リハビリテーション科学部との連携講義・実習を1年次から順次組込み、高齢者、有病者、障害者、在宅療養者への対応の重要性を学んでいきます。臨床実習では、北海道医療大学病院、歯科内科クリニックでの実習に加え、地域歯科医療および他職種との協働についての基本的知識・技能・態度を修得するため、学外医療機関および介護老人福祉施設での実習、居宅要介護者に対する訪問歯科診療実習を実施して、地域連携・多職種連携という視点を持った歯科医師の育成に努めています。
 北海道医療大学歯学部は新時代の歯科医師を志す皆さんを心から歓迎します。北海道の広大な自然環境のなかで勉学・クラブ活動に励み、すばらしい教員、先輩、そして友人と出会ってください。