大学概要
  1. HOME
  2. 大学概要
  3. 北海道医療大学 三方針

北海道医療大学 三方針

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

北海道医療大学は、「21世紀の新しい健康科学の構築」を追究し、社会の要請と期待に応えるため、保健と医療と福祉に関する高度の研究に裏打ちされた良質な教育を行います。その教育を通して、チーム医療をはじめ地域社会や国際社会に貢献できる自立した専門職業人を育成することを目標としています。
そのため、本学では次のような人材を広く求めています。

  1. 入学後の修学に必要な基礎的学力を有していること。
  2. 協調性や基礎的コミュニケーション能力を有していること。
  3. 生命を尊重し、他者を大切に思う心があること。
  4. 保健・医療・福祉に関心があり、地域社会ならびに人類の幸福に貢献するという目的意識を持っていること。
  5. 生涯にわたって学習を継続し、自己を磨く意欲を持っていること。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

北海道医療大学は、「保健と医療と福祉の連携・統合」をめざす教育理念を基本として、広く社会に貢献できる確かな知識・技術と幅広く深い教養を身につけた人間性豊かな専門職業人を育成するために、「全学教育科目」と各学部・学科の「専門教育科目」からなる学士課程教育を組んでいます。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

北海道医療大学は、各学部・学科の教育理念・目標に沿った学士課程の授業科目を履修し、保健・医療・福祉の高度化・専門化に対応しうる高い技術と知識、優れた判断力と教養を身につけ、かつ各学部が定める履修上の要件を満たした学生に対して「学士」の学位を授与します。

薬学部

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

北海道医療大学は、「21 世紀の新しい健康科学の構築」を追求し、社会の要請と期待に応えるため、保健と医療と福祉に関する高度の研究に裏打ちされた良質な教育を行います。その教育を通して、チーム医療をはじめ地域社会や国際社会に貢献できる自立した専門職業人を育成することを目標としています。
そのため、本学では次のような人材を広く求めています。

  1. 入学後の修学に必要な基礎的学力を有していること。
  2. 協調性や基礎的コミュニケーション能力を有していること。
  3. 生命を尊重し、他者を大切に思う心があること。
  4. 保健・医療・福祉に関心があり、地域社会ならびに人類の幸福に貢献するという目的意識を持っていること。
  5. 生涯にわたって学習を継続し、自己を磨く意欲を持っていること。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本学「入学者受入れの方針」に従い薬学部へ入学した学生に対し、薬学部の教育理念・目標に基づき、以下の方針のもとで教育を実施する。

  1. 全学年を通して、薬学教育モデルコアカリキュラムに基づく教育を展開するとともに、チーム医療の重要性を体験する教育プログラムなどを通して、本学で学んだアイデンティティが自覚できるプログラムを構築する。
  2. 1年から2年次にかけては、豊かな人間性の醸成、コミュニケーション能力の向上、薬学専門教育へ向けての基礎学力向上を主目的とした全学教育科目を中心とした教育プログラムを配当する。
  3. 2年次以降は、薬学教育における基礎薬学領域から社会薬学領域、医療薬学領域へと順次段階を経て総合的に修得できるよう専門教育科目を中心とした教育プログラムを展開する。
  4. 4年次では、薬学教育モデルコアカリキュラムの「一般目標」と「到達目標」に基づき、長期実務実習前の共用試験(CBT、OSCE)に対応できる総合的な力を身につけさせる。
  5. 5年次には、長期実務実習を配当し、4年間で修得した知識・技能・態度を医療現場で実践して、医療人として必要な基礎的・応用的能力を養成する。5年次後半から6年次では、科学者としての能力を涵養するため、少人数制による総合薬学研究を行う。
  6. 6年次では、総合薬学研究と並行して、身につけた薬剤師として必要な知識・技能・態度を統合して発揮できるよう総合的な演習を行う。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学薬学部卒業のために以下の要件を満たすことが求められる。

  1. 生命の尊重を基本とした他者に対する深い愛情と豊かな人間性を身につけている。
  2. 最新の医療分野の進展を理解し、それを遂行できる薬学の基本的知識・技術を修得している。
  3. 医薬品に関する基礎および応用の科学的知識を修得している。
  4. チーム医療を担う一員として、他のスタッフと協調して医療に貢献できる態度と技能を身につけている。
  5. 国際的および地域的視野を有する医薬品の専門家として活躍できる能力を身につけている。
  6. 薬剤師として保健・医療分野における社会的使命を遂行しうる能力を修得している。

歯学部

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

北海道医療大学は、「21世紀の新しい健康科学の構築」を追求し、社会の要請と期待に応えるため、保健と医療と福祉に関する高度の研究に裏打ちされた良質な教育を行います。その教育を通して、チーム医療をはじめ地域社会や国際社会に貢献できる自立した専門職業人を育成することを目標としています。
そのため、本学では次のような人材を広く求めています。

  1. 入学後の修学に必要な基礎的学力を有していること。
  2. 協調性や基礎的コミュニケーション能力を有していること。
  3. 生命を尊重し、他者を大切に思う心があること。
  4. 保健・医療・福祉に関心があり、地域社会ならびに人類の幸福に貢献するという目的意識を持っていること。
  5. 生涯にわたって学習を継続し、自己を磨く意欲を持っていること。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本学「入学者受入れの方針」に従い歯学部へ入学した学生に対し、歯学部の教育理念・目標に基づき、以下の方針のもとで教育を実施する。

  1. 1年次では、歯科医師に必要な知識・技能・態度を生涯学ぶための自主的学習意欲を身につけさせ、専門教育を学ぶ上で必要な基礎的知識とコミュニケーション能力を修得させる。
  2. 2年次では、1年次で身につけた学習習慣を基に、歯科医療に必要な基礎科目である人体の正常構造・機能、人体の発生・成長・発達・加齢、口腔の生態系、生体材料、医療面接などに関する理解を深めさせる
  3. 3年次には、基礎科目に加えて臨床科目を配当する。臨床系科目の実習では、本学が独自に開発した臨床シミュレーションシステムを用いて、一連の診療術式に関する理解を深めさせる。また、高齢者・全身疾患を有する患者への対応を理解できるようにするため、医学に関する科目も配当する。
  4. 4年次では、実際の医療技術について学ぶ臨床科目を配当する。また、臨床実習前の共用試験(CBT、OSCE)に対応できる総合的な知識・技能・態度を身につけさせる。
  5. 5年次では、これまでの基礎および臨床の講義と実習から得た知識を実際の診療に応用する臨床実習を通して、歯科医学・医療の理解を深化させる。
  6. 6年次前期では、5年次に引き続き臨床実習を通して、歯科医学の理解をより完全なものにさせる。後期には、これまで学んだ歯科医学の知識・技能・態度を体系的・総合的に修得させる。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学歯学部卒業のために以下の要件を満たすことが求められる。

  1. 人々のライフステージにおける疾患の予防、診断および治療を実践するための基本的な医学、歯科医学、福祉の知識および歯科保健、歯科医療技術を修得している。
  2. 「患者中心の医療」を提供するために必要な高い倫理観、豊かな人間性および優れたコミュニケーション能力を身につけている。
  3. 疾患の予防、診断および治療の新たなニーズに対応できるよう生涯にわたって自己研鑽し、継続して自己の専門領域を発展させる能力を身につけている。
  4. 歯科医療の専門家として、地域的、国際的視野で活躍できる能力を身につけている。
  5. チーム医療(保健と医療と福祉)において協調し建設的に行動できる態度と能力を身につけている。

看護福祉学部(看護学科・臨床福祉学科共通)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

北海道医療大学は、「21世紀の新しい健康科学の構築」を追求し、社会の要請と期待に応えるため、保健と医療と福祉に関する高度の研究に裏打ちされた良質な教育を行います。その教育を通して、チーム医療をはじめ地域社会や国際社会に貢献できる自立した専門職業人を育成することを目標としています。
そのため、本学では次のような人材を広く求めています。

  1. 入学後の修学に必要な基礎的学力を有していること。
  2. 協調性や基礎的コミュニケーション能力を有していること。
  3. 生命を尊重し、他者を大切に思う心があること。
  4. 保健・医療・福祉に関心があり、地域社会ならびに人類の幸福に貢献するという目的意識を持っていること。
  5. 生涯にわたって学習を継続し、自己を磨く意欲を持っていること。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本学「入学者受入れの方針」に従い看護福祉学部へ入学した学生に対し、看護福祉学部の教育理念・目標に基づき、以下の方針のもとで教育を実施する。

  1. 看護福祉学部の教育理念である「看護と福祉の連携・統合」を積極的に展開するために、看護学科・臨床福祉学科に共通する4領域~「人間」、「環境」、「健康」、「実践」~を設定し、それらの概念を基本として、各領域における授業科目間の関連性と一貫性を保つ。
  2. 1年次では、全学教育科目および専門教育科目を通し、大学教育の効果的な発展を促進するとともに、学習動機の明確化を図り、自律性と協調性を身につけさせる。
  3. 2年次では、全学教育科目と専門教育科目の融合を図ることにより、看護・福祉に共通する資質の確立とともに、専門知識の基礎を修得させる。
  4. 3年次では、講義科目および演習・実習を通し専門知識を深め、最終学年における学習の総合化に向けて準備させる。
  5. 4年次では、3年次までの成果の上に立ち、さらなる実習、専門演習、卒業研究(卒業論文)を通し、理論と実践の双方に習熟した専門資質を養成する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学看護福祉学部卒業のために以下の要件を満たすことが求められる。

  1. 人間の生命および個人の尊重を基本とする高い倫理観と豊かな人間性を身につけている。
  2. 看護・福祉専門職に必要な知識・技術を修得し、健康や生活に関する問題に対して、適切な判断と解決のできる学術的・実践的能力を身につけている。
  3. 保健・医療・福祉をはじめ人間に関する様々な領域の人々と連携、協働できる実践的能力を身につけている。
  4. 社会環境の変化や保健・医療・福祉の新たなニーズに対応できるよう自己研鑽し、自らの専門領域を発展させる能力を身につけている。
  5. 多様な文化や価値観を尊重し、地域的・国際的な視野で活躍できる能力を身につけている。

心理科学部

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

北海道医療大学は、「21世紀の新しい健康科学の構築」を追求し、社会の要請と期待に応えるため、保健と医療と福祉に関する高度の研究に裏打ちされた良質な教育を行います。その教育を通して、チーム医療をはじめ地域社会や国際社会に貢献できる自立した専門職業人を育成することを目標としています。
そのため、本学では次のような人材を広く求めています。

  1. 入学後の修学に必要な基礎的学力を有していること。
  2. 協調性や基礎的コミュニケーション能力を有していること。
  3. 生命を尊重し、他者を大切に思う心があること。
  4. 保健・医療・福祉に関心があり、地域社会ならびに人類の幸福に貢献するという目的意識を持っていること。
  5. 生涯にわたって学習を継続し、自己を磨く意欲を持っていること。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本学「入学者受入れの方針」に従い心理科学部へ入学した学生に対し、心理科学部の教育理念・目標に基づき、以下の方針のもとで教育を実施する。

臨床心理学科
  1. 1年次には、大学教育へのスムーズな移行を図るために、導入教育を行う。また、健康・運動および情報化社会への対応科目も1年次に配当する。
  2. 自己認識、他者・組織・社会的ルール等を理解するために、教養科目を1年次から4年次にわたって配当する。また、社会のグローバル化・多文化に対応する外国語科目を1年次から3年次に配当する。
  3. 1年次から3年次にかけては、医療基盤科目、医科学の履修を通し、心の基礎的な知識を身につけさせる。特に身体科学と対応することにより、心の機能・構造を理解させる。
  4. 1年次より、専門教育科目の体系化・構造化を図り、科目の履修目的が明確となるよう配慮するとともに、臨床心理専門領域の理解・深化を目的とした科目を配当する。
  5. 2年次より、心理臨床の職能人としての自覚を促し、キャリア形成を図るため、基礎心理学・医療関連・産業関連等の心理臨床の基本的技能を学び、自立した研究の初歩を修得する科目を配当する。
  6. 3年次以降は、専門演習、卒業研究を通して自らテーマを決めて研究を実践させる。

言語聴覚療法学科
  1. 言語聴覚士養成および言語聴覚学の発展を目的とするカリキュラムを展開する。言語聴覚士国家試験受験取得に必要な指定規則に定められた科目を配当する。
  2. 幅広い教養を身につけ、多様な価値観を理解できるようにするために、教養科目を1、2年次に配当する。また、健康・運動および情報化社会への対応科目も1年次に配当する。
  3. 社会のグローバル化に対応できるように、外国語科目を1~3年次に配当する。
  4. 1、2年次では、基礎医学、言語科学、認知科学関連科目の履修を通して、言語聴覚士として医療に従事するために必要な基本的な知識を身につけさせる。
  5. 3年次前半では言語聴覚障害に関する専門領域の理解を目的とした科目を配当する。3年次後半では、言語聴覚障害の実践的な対処法を学び、様々な検査・評価法を修得する科目を配当し、専門職能人としての基本を身につけさせる。 
  6. 4年次では、言語聴覚士国家試験に向けたまとめの学習および臨床実習、研究体験を実践させる。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学心理科学部卒業のために臨床心理学科、言語聴覚療法学科ごとに以下の要件を満たすことが求められる。

臨床心理学科
  1. 心の問題にかかわる職能人として必要な幅広い専門知識を修得している。
  2. 社会の変化、科学技術の進展に合わせて、専門性を維持向上させる能力を獲得している。
  3. 社会の様々な分野において、心の問題を評価し援助する基礎的技能を修得している。

言語聴覚療法学科
  1. 言語聴覚士としての幅広い専門知識と技能を有し、近年の著しい医療技術の進展に合わせて常に専門性を検証し、積極的に自己研鑽できる能力を身につけている。
  2. 生命の尊厳と専門性の関わりを常に意識し、患者の抱える問題に共感できる感性を身につけている。
  3. 地域社会や国際社会において、言語聴覚障害に関する医療の発展に貢献しうる学識と実践力を身につけている。

リハビリテーション科学部

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

北海道医療大学は、「21世紀の新しい健康科学の構築」を追求し、社会の要請と期待に応えるため、保健と医療と福祉に関する高度の研究に裏打ちされた良質な教育を行います。その教育を通して、チーム医療をはじめ地域社会や国際社会に貢献できる自立した専門職業人を育成することを目標としています。
そのため、本学では次のような人材を広く求めています。

  1. 入学後の修学に必要な基礎的学力を有していること。
  2. 協調性や基礎的コミュニケーション能力を有していること。
  3. 生命を尊重し、他者を大切に思う心があること。
  4. 保健・医療・福祉に関心があり、地域社会ならびに人類の幸福に貢献するという目的意識を持っていること。
  5. 生涯にわたって学習を継続し、自己を磨く意欲を持っていること。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本学「入学者受入れの方針」に従いリハビリテーション科学部へ入学した学生に対し、リハビリテーション科学部の教育理念・目標に基づき、以下の方針のもとで教育を実施する。

  1. リハビリテーション専門職としてふさわしい豊かな人間性を形成していくために、全学教育科目を1年次から3年次にわたって配当する。
  2. 1年次から2年次にかけては、科学的根拠に基づいた理学療法、作業療法および言語聴覚療法技術を実践するうえで理論的基盤となる専門基礎科目を中心に配当する。
  3. 3年次以降は、多様な障害に対して適切な理学療法、作業療法および言語聴覚療法を実践するために必要な治療ならびに支援技術を学ぶ科目を配当する。また、健康維持・増進の見地から、生活習慣病予防や介護予防、スポーツ障害予防等に対応できる科目も配当する。
  4. 3年次から4年次にかけては、研究法や研究セミナーの科目を配当し、社会の変化や科学技術の進展に合わせて、生涯にわたり自己研鑽していく態度を修得させる。
  5. 保健・医療・福祉の分野において、関係職種と連携するための協調的実践能力を養うために、多職種連携、地域連携に関する実践的な科目を配当する。
  6. リハビリテーション専門職としての態度、資質、行動を育成するとともに、学内教育で修得した知識と技術を統合させ、臨床実践能力を涵養するために、学外での臨床実習を各学年で段階的に展開する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学リハビリテーション科学部卒業のために以下の要件を満たすことが求められる。

  1. 生命と人権の尊重を基本とした幅広い教養、豊かな感性、高い倫理観とコミュニケーション能力を身につけている。
  2. 関係職種と連携できる実践的能力を身につけている。
  3. 保健・医療・福祉の分野において、地域包括ケアの視点をもって専門技術を提供できる能力を身につけている。
  4. リハビリテーション専門職として必要な科学的知識や技術を備え、心身に障害を有する人、障害の発生が予測される人、さらにはそれらの人々が営む生活に対して、適切に対処できる実践的能力を身につけている。
  5. 社会の変化や科学技術の進展に合わせて専門性を検証し、積極的に自己研鑽できる能力を身につけている。