大学概要
  1. HOME
  2. 大学概要
  3. 北海道医療大学 三方針

北海道医療大学大学院 三方針


薬学研究科

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

生命薬科学専攻 修士課程

学部において学んだ知識・技能をベースにして更に研鑽を積み、創薬化学あるいは医療科学それぞれの領域における、より高度な専門知識や理論・技術を修得して、地域の保健医療や福祉の増進、向上に携わることに強い意欲を持つ学生を求める。


薬学専攻 博士課程

日進月歩の近代医療の中で、国民や他の医療従事者の多様なニーズに応えるために薬剤師として更なる高度専門知識を修得することを目指す学生、さらに医療薬学に関連する学問領域での最先端の研究に従事して自己研鑽を積み、地域医療の中核を担おうとする意欲を持つ学生を求める。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本研究科「入学者受入れの方針」に従い入学した大学院生に対し、本研究科の教育理念・目標に基づき、以下の方針のもとで教育を実施する。


生命薬科学専攻 修士課程
  1. 希望する研究分野に属して研究指導を受け、課題研究を通して問題発見能力および解決能力を身につけさせる。
  2. 幅広い視野から生命薬科学を学ぶことができるように配されたカリキュラムを通して、分野横断的に授業科目を履修させる。これにより高度専門職能の基礎となる豊かな学識を身につけさせる。

薬学専攻 博士課程
  1. 希望する研究分野に属して医療薬学に関連する先端的研究に取り組みながら、研究計画能力と研究実践能力を身につけさせる。
  2. 学会発表ならびに論文発表を通して研究競争力と問題処理能力を身につけさせる。
  3. 幅広い視野から基盤薬学並びに応用薬学を学ぶことができるように配された授業科目の履修を通して、所属研究分野の知識のみに偏ることなく分野横断的に医療薬学に拘わる高度専門知識を修得させる。これにより専門職能を発展する基礎となる豊かな学識を身につけさせる。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

生命薬科学専攻 修士課程

以下の要件を満たし、生命薬科学における高度専門性と研究能力を修得したと認められる者に対して、修士(生命薬科学)の学位を授与する。

  1. 本研究科生命薬科学専攻修士課程に2年以上在学し、本研究科が定める履修上の要件を満たしている。
  2. 研究指導を受け、学位論文を提出し、研究科が行う論文審査および最終試験に合格している。

薬学専攻 博士課程

以下の要件を満たし、深い学識と高い研究能力を修得したと認められる、あるいは高度な薬学専門性を必要とする職業において指導的役割を担うための高い学識と能力を修得したと認められる者に対し、博士(薬学)の学位を授与する。

  1. 本研究科薬学専攻博士課程に原則4年以上在学し、本研究科が定める履修上の要件を満たしている。
  2. 研究指導を受け、学位論文を提出し、研究科が行う論文審査および最終試験に合格している。

歯学研究科

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

歯学専攻 博士課程

しっかりした基礎学力に加え、医療人としての高い倫理性を備え、自ら設定した目標達成のため粘り強く努力する意欲に富んだ学生で、本学の教育理念・目標に基づき、歯科医学の分野で、保健・医療・福祉の連携統合を担う研究者あるいは専門医として、人類の幸福に貢献する強い意欲のある人材を求める。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本研究科「入学者受入れの方針」に従い入学した大学院生に対し、本研究科の教育理念・目標に基づき、以下の方針のもとで教育を実施する。
本研究科では「研究コース」と「認定医・専門医養成コース」の2つのコースを設ける。


歯学専攻 博士課程
  1. 「研究コース」では、歯科医学研究を背景とした基盤的・先端的な専門知識および技能を修得させ、それらを統合する能力を備えた指導的な人材ならびに国際的に活躍できる自立した研究者を養成する。
     自己の研究に強い責任感と高い倫理性を持ち、その研究成果と意義を高度な水準で議論し、必要に応じて他の研究分野との協力体制を構築できる能力を育てるため、教育課程編成にあたっては、過度の専門化に陥ることなく、幅広い視野から自己の研究に係わる知識を集積できるよう学際的なカリキュラムを編成・導入し、既存概念に囚われることなく未踏の分野に挑戦する創造的な研究を実践させる。
  2. 「認定医・専門医養成コース」では、国民の多様かつ高度に専門的な医療サービスに対するニーズに応えうる、日々高度化する歯科医療技術を科学的エビデンスに基づいて評価し、それらを地域医療に応用できる研究マインドを持った臨床歯科医を養成する。
     このため、本コースでは高度な歯科医療技術を修得させるばかりでなく、様々な歯科医療技術を多様な観点から評価し、それらの新規あるいは継続的導入が地域歯科医療の発展に貢献するか否かを絶えず客観的に検証できる能力を養成する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

歯学専攻 博士課程

以下の要件を満たし、歯科医学の分野で、保健・医療・福祉の連携統合を担う研究者あるいは専門医として深い学識と高い研究能力を修得したと認められる者に対し博士(歯学)の学位を授与する。

  1. 本研究科歯学専攻博士課程に原則4年以上在学し、本研究科が定める履修上の要件を満たしている。
  2. 大学院3年次に、研究中間発表会で発表している。
  3. 研究指導を受け、学位論文を提出し、研究科が行う論文審査および最終試験に合格している。

看護福祉学研究科

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

 本学の教育理念・目標に基づき、国民の保健・医療・福祉への要請に応え、地域文化に根差した健康と生活の質の向上に寄与し、また、看護・福祉の学問領域の発展ならびに専門職業従事者の質の向上に努め、ひいては国際社会の健康水準の向上に貢献する強い意欲のある次のような人材を広く求める。


看護学専攻 博士前期(修士)課程

 高度専門職業人として看護の実践に寄与する人材ならびに教育者、研究者としての基礎的能力を備えるべく自己研鑽できる人材を求める。


看護学専攻 博士後期課程

 自立した研究者として、看護学の固有性を追求し、かつ分野を超えた開拓的研究活動を行い、または、高度の専門的業務に必要な知識・技能をもって、保健・医療・福祉の分野で活躍できる教育者ならびに知的技術者(実践技術者)を目指す人材を求める。


臨床福祉学専攻 博士前期(修士)課程

 高度専門職業人として福祉の実践に寄与する人材ならびに教育者、研究者としての基礎的能力を備えるべく自己研鑽できる人材を求める。


臨床福祉学専攻 博士後期課程

 自立した研究者として、臨床福祉学の固有性を追求し、かつ分野を超えた開拓的研究活動を行い、または、高度の専門的業務に必要な知識・技能をもって、保健・医療・福祉の分野で活躍できる教育者ならびに知的技術者(実践技術者)を目指す人材を求める。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 本研究科「入学者受入れの方針」に従い入学した大学院生に対し、本研究科の教育理念・目標に基づき、以下の方針のもとで教育を実施する。


看護学専攻 博士前期(修士)課程

 教育者、研究者としての基礎的能力を備えた人材の養成に加えて、高度専門職業人を養成するために、教育・研究コースおよび高度実践コース(専門看護師、ナースプラクティショナー)を置き、次のようにカリキュラムを編成する。

  1. 授業科目では、2つのコースの目的に対応し、専門領域の基礎となるコア科目、高度専門職
    業人養成のために準備した選択科目、および共通科目によって構成する。

  2. コア科目では、基礎・統合領域および発達・障害領域に分けて、それぞれ実践能力ならびに
    研究能力を養成するために特論、演習、実習および課題研究を配置する。
  3. 選択科目では、高度専門職業人に求められる判断力や役割遂行能力を培うための基礎となる
    科目および実習を配置する。
  4. 共通科目では、看護学と臨床福祉学に共通する研究方法およびコミュニティにおける看護と
    福祉を統合したサービスを追究する科目を配置する。

看護学専攻 博士後期課程

 看護分野の教育者、自立した研究者ならびに知的技術者(実践技術者)を養成するために次のようにカリキュラムを編成する。

  1. 授業科目では、専門領域における課題追究を目指す専攻科目、高度実践看護における知識・
    技術を追究する選択科目および共通科目によって構成する。

  2. 専攻科目では、基礎・統合領域と発達・障害領域に分けて、それぞれ実践能力ならびに研究
    能力を高めるために、系統的に研究を深められるように論、演習、特別研究を配置する。
  3. 選択科目では、高度実践看護における知的技術者(実践技術者)または教育者に求められる
    高度な知識・技術を習得できる科目を配置する。
  4. 共通科目では、看護学と臨床福祉学に共通する理論や研究法を追究する科目を配置する。

臨床福祉学専攻 博士前期(修士)課程

 臨床福祉学の各領域におけるより高度の学識と技術力を持つ高度専門職業人として、また福祉の実践に寄与する人材ならびに研究者としての基礎的能力を備えるべく自己研鑽できる人材を養成するため、次のようにカリキュラムを編成する。

  1. 授業科目では、専門領域の基礎となるコア科目、高度専門職業人養成のために準備した選択
    科目および共通科目によって構成する。

  2. コア科目では、障害、高齢者、児童など広範な福祉領域に対応する分野を設定し、独自の専
    門性を獲得し高度な研究を深められるように特論、演習、実習および課題研究を配置する。
  3. 選択科目では、高度専門職業人に求められる実践力や社会への発信力を養成するために、こ
    れらに特化した科目を配置している。
  4. 共通科目では、看護学と臨床福祉学に共通する研究方法、およびコミュニティにおける看護
    と福祉を統合したサービスを追究する科目を配置する。

臨床福祉学専攻 博士後期課程

 臨床福祉分野の教育者、自立した研究者ならびに知的技術者(実践技術者)を養成するために次のようにカリキュラムを編成する。

  1. 授業科目では、専門領域における課題追究を目指した専攻科目、および共通科目によって構
    成する。

  2. 専攻科目では、臨床援助領域と福祉政策・運営領域に分けて、それぞれ実践能力ならびに研
    究能力を高めるために系統的に研究を深められるように論、演習、特別研究を配置する。
  3. 共通科目では、看護学と臨床福祉学に共通する理論や研究法を追究する科目を配置する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

看護学専攻 博士前期(修士)課程

 以下の要件を満たし、高度専門職業人として看護実践に寄与できる優れた知識・技術と研究者としての基礎的能力を修得したと認められる者に、修士(看護学)の学位を授与する。

  1. 本研究科看護学専攻修士課程に2年以上在学して、本研究科が定める履修上の要件を満たしている。
  2. 研究指導を受け、学位論文を提出し、研究科が行う論文審査及び最終試験に合格している。
  3. 高度実践コースのCNS教育課程またはNP教育課程を選択した者は、CNSまたはNPの
    各専門分野で指定されている科目を履修している。

看護学専攻 博士後期課程

 以下の要件を満たし、看護分野の教育者、自立した研究者ならびに知的技術者(実践技術者)として活躍できる学識と能力を修得したと認められたものに、博士(看護学)の学位を授与する。

  1. 本研究科看護学専攻博士課程に3年以上在学して、本研究科が定める履修上の要件を満たし

    ている。
  2. 研究指導を受け、学位論文を提出し、研究科が行う論文審査および最終試験に合格している。

臨床福祉学専攻 博士前期(修士)課程

 以下の要件を満たし、高度専門職業人として臨床福祉実践に寄与できる優れた知識・技術と研究者としての基礎的能力を修得したと認められる者に、修士(臨床福祉学)の学位を授与する。

  1. 本研究科臨床福祉学専攻修士課程に2年以上在学して、本研究科が定める履修上の要件を満

    たしている。
  2. 研究指導を受け、学位論文を提出し、研究科が行う論文審査および最終試験に合格している。

臨床福祉学専攻 博士後期課程

 以下の要件を満たし、臨床福祉分野の教育者、自立した研究者ならびに知的技術者(実践技術者)として活躍できる学識と能力を修得したと認められる者に、博士(臨床福祉学)の学位を授与する。

  1. 本研究科臨床福祉学専攻博士課程に3年以上在学して、本研究科が定める履修上の要件を満
    たしている。

  2. 研究指導を受け、学位論文を提出し、研究科が行う論文審査および最終試験に合格している。

心理科学研究科

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

本学の教育理念である個体差健康科学に基づき、保健・医療・福祉・教育の領域における心理臨床の高度専門家および研究者として、または、高度の臨床能力と研究能力を持った言語聴覚士として、人類の幸福に貢献する志のある人材を求める。


臨床心理学専攻 博士前期(修士)課程

心理臨床において、国際的水準で科学者の視点・実践家としての技能及び研究能力を兼ね備えた高度専門職業人として、幅広くこころの問題に向き合う志のある人材を求める。


臨床心理学専攻 博士後期課程

修士課程の能力に加え、臨床の現場、教育・研究機関等において指導者となる志を持つ人材を求める。


言語聴覚学専攻 博士前期(修士)課程

幅広く高次脳機能障害、発声発語・嚥下障害、聴覚障害、言語発達障害の領域で、言語聴覚士の臨床と研究能力を向上させる志のある人材、あるいはこれらの領域に関する研究を通して言語聴覚士の学問的基盤を構築する志のある人材を求める。


言語聴覚学専攻 博士後期課程

修士課程の能力に加え、臨床の現場、教育・研究機関等において指導者となる志を持つ人材を求める。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本研究科「入学者受入れの方針」に従い入学した大学院生に対し、本研究科の教育理念・目標に基づき、以下の方針のもとで教育を実施する。


臨床心理学専攻 博士前期(修士)課程

実証に基づく臨床心理学教育課程として、基礎的知識、各種査定・援助技法、科学的思考力・研究能力、臨床現場でのaccountability、研究者としての情報発信力を形成して科学者としての視点を涵養するカリキュラムを設ける。
臨床現場に提供する人材の質を保証するため、臨床心理士を養成するカリキュラムを基盤とし、サービスを受ける側の視点、チーム医療への対応力、スクールカウンセリングへの対応力、ICT等を活用した遠隔地支援スキルを形成して、関連する領域の専門家ともチーム作業ができる実践家としての能力を育成するカリキュラムを設ける。


臨床心理学専攻 博士後期課程

修士課程のカリキュラム履修を前提として、現場における指導者的能力、研究者としての能力を形成するカリキュラムを設ける。


言語聴覚学専攻 博士前期(修士)課程

高次脳機能障害、発声発語・嚥下障害、聴覚障害、言語発達障害における科学的知識・技術を基盤として臨床能力を実践的に高度化し、コメディカル・スタッフの一員としてチーム医療に携わることのできる能力を涵養し、医療における知識・技術の高度化に対応できる人材を養成するカリキュラムを設ける。


言語聴覚学専攻 博士後期課程

修士課程の能力に加え、現場における指導者的能力、研究者としての能力を形成するカリキュラムを設ける。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

臨床心理学専攻 博士前期(修士)課程

以下の要件を満たし、臨床現場においてヒトの尊厳を重んじて科学者・実践家として社会に貢献できる能力を修得したと認められる者に対して修士(臨床心理学)の学位を与える。

  1. 本研究科臨床心理学専攻修士課程に2年以上在学して、本研究科が定める履修上の要件を満たしている。
  2. 研究指導を受け、学位論文を提出し、研究科が行う論文審査及び最終試験に合格している。

臨床心理学専攻 博士後期課程

以下の要件を満たし、臨床現場、教育・研究領域において必要な指導的能力と研究能力を修得し、人の尊厳を重んじて、社会に貢献できると認められる者に対して博士(臨床心理学)の学位を与える。

  1. 本研究科臨床心理学専攻博士課程に3年以上在学して、本研究科が定める履修上の要件を満たしている。
  2. 研究指導を受け、学位論文を提出し、研究科が行う論文審査及び最終試験に合格している。

言語聴覚学専攻 博士前期(修士)課程

以下の要件を満たし、臨床現場においてヒトの尊厳を重んじて科学者・実践家として社会に貢献できる能力を修得したと認められる者に対して修士(言語聴覚学)の学位を与える。

  1. 本研究科言語聴覚学専攻修士課程に2年以上在学して、本研究科が定める履修上の要件を満たしている。
  2. 研究指導を受け、学位論文を提出し、研究科が行う論文審査及び最終試験に合格している。

言語聴覚学専攻 博士後期課程

以下の要件を満たし、臨床現場、教育・研究領域において必要な指導的能力と研究能力を修得し、人の尊厳を重んじて、社会に貢献できると認められる者に対して博士(言語聴覚学)の学位を与える。

  1. 本研究科言語聴覚学専攻博士課程に3年以上在学して、本研究科が定める履修上の要件を満たしている。
  2. 研究指導を受け、学位論文を提出し、研究科が行う論文審査及び最終試験に合格している。

リハビリテーション科学研究科

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

リハビテーション科学専攻 博士前期(修士)課程

 本学の教育理念・目標に基づき、地域における保健・医療・福祉の充実に携わることに強い意欲を持ち、高度専門職業人としてリハビリテーションの実践に寄与すべく自己研鑚できる人材を求める。


リハビテーション科学専攻 博士後期課程

 リハビリテーション科学の発展に寄与し、リハビリテーション医療における科学的根拠を探究すべく先進的研究活動を実践できる研究者または指導的立場で活躍できる教育者および実践指導者を目指す強い意欲を持つ人材を求める。


教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

リハビテーション科学専攻 博士前期(修士)課程

 本研究科「入学者受入れの方針」に従い入学した大学院生に対し、本研究科の教育理念・目標に基づき、以下の方針のもとで教育を実施する。

  1. 授業科目は、リハビリテーション領域における高度専門職業人としての管理・指導能力や研究遂行能力の基盤を培う「共通科目」、最新の専門知識と技術を学び臨床実践能力を高める「専門科目」、関連学問領域を学ぶ「隣接科目」、ならびに「研究指導」によって構成される。
  2. 共通科目には、組織をマネジメントする能力を育成するための教育法や管理学に加え、臨床研究を遂行する上で必要な研究法や統計学に関する科目を配置する。
  3. 専門科目には、各障害に対するリハビリテーション学分野の最新知識と技術、障害者や高齢者等の地域生活支援に関して学ぶ科目を配置する。
  4. 隣接科目には、学際領域であるリハビリテーション科学の臨床及び研究実践に対応する上で必要な医科学系、心理学系、社会福祉学系の科目を配置する。
  5. 研究指導では、修士論文作成を行い、リハビリテーション科学における諸課題を追究する。
リハビテーション科学専攻 博士後期課程

 リハビリテーション科学分野において先進的研究活動を実践できる研究者、または指導的立場で活躍できる教育者、実践指導者を養成するために次のようなカリキュラムを編成する。

  1. 本研究科では、「生体構造機能・病態解析学分野」「リハビリテーション治療学分野」「地域健康生活支援分野」の研究分野を設ける。
  2. 授業科目は、各分野における特講・演習、ならびに研究指導によって構成される。
  3. 研究指導では博士論文作成を行い、リハビリテーション科学を深化させ、科学的根拠を探究する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

リハビテーション科学専攻 博士前期(修士)課程

 以下の要件を満たし、高度専門職業人としてリハビリテーション科学の実践に寄与できる優れた知識・技術と研究能力の基礎を修得したと認められる者に、修士(リハビリテーション科学)の学位を授与する。

  1. 本研究科リハビリテーション科学専攻修士課程に2年以上在学して、本研究科が定める履修上の要件を満たしている。
  2. 研究指導を受け、学位論文を提出し、研究科が行う論文審査及び最終試験に合格している。
リハビテーション科学専攻 博士後期課程

 以下の要件を満たし、保健・医療・福祉の分野において、リハビリテーション科学に関する高度な学識と研究能力および教育能力を修得し、リハビリテーション科学の発展を通して社会に貢献できると認められる者に対し、博士(リハビリテーション科学)の学位を授与する。

  1. 本研究科リハビリテーション科学専攻博士課程に3 年以上在学して、本研究科が定める履修上の要件を満たしている。
  2. 研究指導を受け、学位論文を提出し、研究科が行う論文審査および最終試験に合格している。