1. HOME
  2. トピックス一覧
  3. ニュース
  4. 本学大学院生がIADRでAward 受賞

2010年07月26日(月) ‐ ニュース

本学大学院生がIADRでAward 受賞

 歯科医学界最大の国際学会である“The 88th International Association for Dental Research(IADR)Meeting”が、2010年7月14~17日にバルセロナ(スペイン)で開催され、その分科会の一つであるProsthodontic Group(歯科補綴学分野)において、本学歯学部咬合再建補綴学講座大学院生・佐々木みづほさんの“Mastication Accelerates Rehabilitation of Brain Function after Cerebral Infarction”と題する発表に対して“Pre-Prosthetic Regenerative Science Award ”が授与されました。同賞は補綴学領域の若手研究者に送られる賞であり、発表される歯科補綴学領域全ての演題の中から6名が“Finalist”として選出され、会場で2名が決定され、表彰される方式です。なお、同講座の會田英紀講師も“Finalist”の一人となっていましたが、「年齢超過」の理由で事前に辞退しておりました。
 本学歯学部の研究活動が国際的にも高い評価を受けたといえます。今後のさらなる活躍が期待されるところです。

(左から二人目が佐々木みづほさん)