1. HOME
  2. トピックス一覧
  3. ニュース
  4. 薬学6年制教育支援システムが私立大学情報教育協会から表彰されました

2012年11月30日(金) ‐ ニュース

薬学6年制教育支援システムが私立大学情報教育協会から表彰されました

薬学部では、学際的チーム体制により開発したICTを利用する教育支援のための複数のシステムが稼働しておりますが、このたび、11月27日(火)に開催された公益社団法人 私立大学情報教育協会(289大学および101短期大学が加盟)第5回臨時総会において、これらのシステムに関して「ICT利用による教育改善研究発表会」で行なった発表「薬学6年制教育支援システムと主体的な学習時間の確保」が高く評価され、今年度の「奨励賞」を受賞しましたのでご報告します。

本学薬学部のシステムの特長は、6年間の一貫したカリキュラムの中で学びの連続性を持たせて学習支援を行うことができることにあり、具体的な受賞理由として、6学年全ての科目を対象として独自の教育手法を細部まで具現化していること、教員が学際的に一体となってシステムの全てを自作したこと、学生が授業時間外においても問題演習に取り組むことができるなど主体的な学習時間の確保に貢献したこと、その結果として薬学共用試験や薬剤師国家試験で優れた結果を残し学部全体の教育の充実に大きく寄与したことなどが挙げられ、同協会からは、他の医療分野も含めた汎用的な情報共有基盤として発展を期待したいとのコメントも添えられました。

今年度、発表会では53件の発表があり、同賞を受賞したのは全国で2校のみという結果でした。なお、総会には薬学部 二瓶裕之准教授および中山章講師が出席し、向殿会長(明治大学理工学部教授)から記念品等を授与されました。

【発表会名】
 公益社団法人 私立大学情報教育協会
 平成24年度 ICT利用による教育改善研究発表会
【題目】
 学際的チーム体制により開発した薬学6年制教育支援システムと主体的な学習時間の確保
【発表者】
 二瓶裕之,和田啓爾,小田和明,中山章,唯野貢司,千葉逸朗
【表彰式】
 第5回臨時総会(アルカディア市ケ谷)
 平成24年11月27日(火)
【賞】
 奨励賞
【査読コメント】

本発表は、北海道医療大学薬学部において、6学年全ての科目を対象として、独自の教育手法を細部まで具現化するため、教員が学際的に一体となりシステムの全てを自作し、学部全体の教育に大きく貢献した点で高く評価されます。