1. HOME
  2. トピックス一覧
  3. ニュース
  4. 心理科学部臨床心理学科 金澤潤一郎助教が The 1st Asian Congress on ADHD において Poster Abstract Award を受賞しました

2012年11月19日(月) ‐ ニュース

心理科学部臨床心理学科 金澤潤一郎助教が The 1st Asian Congress on ADHD において Poster Abstract Award を受賞しました

 去る11月2日(金)・3日(土)、韓国ソウルで開催された The 1st Asian Congress on ADHD において、心理科学部臨床心理学科 金澤潤一郎助教が Poster Abstract Award を受賞しました。受賞した研究のタイトルは「CBT for adult ADHD without methylphenidate: One month follow-up」で、薬物療法を行っていない大人の注意欠如・多動性障害をもつ方々に対して、認知行動療法という手法の心理療法を行った効果を検討したものです。
 注意欠如・多動性障害は主に児童を中心に研究や臨床が行われてきましたが、2000年以降、成人を対象とした心理療法の効果研究が実施されてきています。今後、アジア各国で同分野での研究と臨床が促進されることが期待されています。

ファイル 361-1.jpgファイル 361-2.jpg