1. HOME
  2. トピックス一覧
  3. ニュース
  4. アイヌ民族・琉球人 近い関係DNAで確認(新川学長ら研究チーム)

2012年11月02日(金) ‐ ニュース

アイヌ民族・琉球人 近い関係DNAで確認(新川学長ら研究チーム)

 北海道医療大学(新川学長)はじめ、総合研究大学院大学、国立遺伝学研究所、東京大学等の研究チームが、過去最大規模の細胞核DNA解析を行い、日本人を「北海道のアイヌ民族」「本土人」「沖縄の琉球人」の3集団に分けた場合、「縄文人」に起源がある「アイヌ民族」と「琉球人」が近く、「本土人」は中国大陸から朝鮮半島経由で渡来した「弥生人」と「縄文人」との混血が進んだことを確認し、11月1日付けの日本人類遺伝学会の英文誌電子版に発表しました。



主成分分析法による世界人類集団の分布(さらに欧州人を除いた)