1. HOME
  2. トピックス一覧
  3. ニュース
  4. フランス・ストラスブール大学との学術交流セミナーを開催

2012年03月27日(火) ‐ ニュース

フランス・ストラスブール大学との学術交流セミナーを開催

 歯学部が交流協定を結ぶ、フランス・ストラスブール大学歯学部からYoussef Haikel教授・歯学部長、Denis Selimovic教授が本学を来訪しています。
 来学初日の3月26日には、学長室において新川学長から交流協定に基づき本学「客員教授」の委嘱状が授与されました。
 午後からは、第1回デンタルサイエンスセミナー(座長:安彦善裕教授)が開催され、歯学部教員、大学院学生など40名以上の参加がありました。セミナーでは、ストラスブール大学の両教授、本学の遠藤一彦教授(生体材料工学)が研究発表を行い、それぞれの発表に関して質問や意見交換が行われ、盛会のうちに終了しました。
 本セミナーは両大学において交互に開催されることが望まれており、次回、第2回のセミナーは、ストラスブール大学で開催される予定です。
 また、夜には、歯学部主催の歓迎会が開催されました。参加した教員は、セミナーの時とは違うリラックスした雰囲気の中でHaikel教授、Selimovic教授のもとを訪れ、それぞれに研究の専門分野について情報交換を行い交流を深めていました。

両教授は、3月30日までの日程で日本に滞在する予定になっています。

委嘱状授与式

両教授に委嘱状を授与しました

Haikel教授、Selimovic教授を囲んで
デンタルサイエンスセミナー

活発な議論が展開されました

参加者全員で記念撮影
歓迎会

有末歯学部長の挨拶

Haikel教授のスピーチ