1. HOME
  2. トピックス一覧
  3. 東日本大震災関連
  4. 本学歯学部越野教授が気仙沼で「敬老の日の高齢者健康相談」に参加

2011年09月21日(水) ‐ 東日本大震災関連

本学歯学部越野教授が気仙沼で「敬老の日の高齢者健康相談」に参加

震災から時間が経過するにつれ、身体虚弱、低栄養、認知機能低下、抑うつなど高齢者の様々な健康問題が顕著になりつつあります。このたび、日本老年医学会主催で、被災地支援の一環として、敬老の日に健康相談活動を行うことになり、日本老年医学会、日本老年精神医学会、日本老年歯学会の専門医・認定医にボランティア参加の要請があり、本学歯学部越野教授が、本学の災害支援活動の実績から老年歯科医学会から派遣される歯科医師団の責任者として参加しました。

参加した活動は、日本老年医学会主催の「敬老の日の高齢者健康相談」であり、敬老の日である平成23年9月19日(月)に被災地である気仙沼市の仮設住宅集会所6か所で実施されました。

相談会で、越野教授は歯科領域を担当し、歯や義歯に関する悩み相談に対応し、義歯洗浄剤、歯ブラシ等の口腔ケア用品の配布も行い、口腔衛生の向上に向けた活動も合わせて行いました。

受付風景
受付風景
左より、大原医師、井林医師、越野歯科医師、鈴木医師
左より、大原医師、井林医師、越野教授、鈴木医師
相談に対応する大原医師
相談に対応する大原医師