1. HOME
  2. トピックス一覧
  3. ニュース
  4. ストラスブール大学と学術交流協定を締結しました

2010年12月24日(金) ‐ ニュース

ストラスブール大学と学術交流協定を締結しました

 平成22年12月13日(月)、フランス・ストラスブール大学歯学部と本学歯学部との学術交流協定締結の調印を行いました。
 調印式はストラスブール大学で行われ、本学からは、有末歯学部長、半田教授、安彦教授、長野助教の4名が出席しました。
 ストラスブール大学の、Alain BERETZ学長、Youssef HAIKEL歯学部長、本学の有末歯学部長が協定書にサインした後、調印を祝しレセプションが行われました。
 また、調印式に同行した個体差医療科学センターの安彦教授が特別講演を行いました。

 ストラスブール大学は、フランス東部で仏独国境をなすアルザス州の州都、ストラスブール市にあります。同大学は1537年に設立されました。2009年には、アカデミズム強化策として同市にあった複数の大学を統合してフランス国拠点大学のひとつとなり、現在は38学部に42,000人の学生、6000人の教職員を有する総合大学となっています。
 また、フランスでは、歯学部の基礎系を含む基礎医科学の研究や教育の機能がフランス国立衛生医学研究所に集約されているのが特徴で、ストラスブール大学歯学部も当該研究所に要員を配しています。

 今後、教職員や学生の活発な相互交流が期待されます。

ファイル 107-1.jpgファイル 107-2.jpg